やっっぱりKindleかしら

さいきん、iTunesでも日本の電子書籍販売が充実してきました。以前はなんにもなかったけれど、しばらく見ないうちに品揃えが増えてきました。
ずっとむかしに、インストールしたものの、読める本がなんにもなかったため削除していたiBookアプリをまた再インストールして、iTunesからなにか買って読んでみようとおもいました。
ところが・・・
わたしの初代iPadでは読めない!ということがわかり、がっかりしてます。
アプリのバージョンではなくて、iOSのバージョンが古いせいです。初代iPadはiOS6には対応していません。それでだめなんです。いまどき、初代iPadを使ってるひとなんて、いないのかしら。まだまだ見捨ててほしくありません。だってまだ、現役で大活躍しているんだから。まあ、このごろは瑠璃のおもちゃになっている感は否めませんが。
やっぱりKindleかしら。
初代iPadでもKindleアプリは難なく動きます。ダウンロードした電子書籍もちゃんと読むことができます。Amazonが本気出してきた気がします。もともと本を売ることから始めたお店でしょ。日本の書籍の流通取り次ぎ形態をおおきく変えました。ノウハウは十分持っているはず。今後、目が離せません。アップルもすきだけど、Amazonもすきなので、両者ともいい方向に向かっていってほしいです。
ところで、iPad電子書籍を読むのは、しんどい(@@;)
とくにわたしが持っているのは初代なので、おおきいし、重い。
手に持ったまま読むのはつらいなーと。iPad miniのサイズが適正じゃないでしょうか。miniは持ってないけど。電子書籍を読むのにiPadオリジナルのサイズはおおきすぎです。コミックを読むときにはおおきいほうがいいけど。
活字だけならKindle PaperWhiteっていうのが良さそう。
仕事柄、職場にはいろんな電子書籍リーダーがあるので、ときどき手にとって試してみるんですが、読みやすさを本と比べたらこれが一歩先をいっているかもしれません。目が悪いわたしでも苦労せずに読めますし、iPadよりずっと軽いし、片手で持てます。iPad miniならこれに匹敵するはずだけど、Kindleのほうは電子書籍に特化しているので、値段が8000円くらいでしょう? iPad miniKindleアプリを入れて読むのがいちばんいい解決策だとはおもいますが、iPad miniは高価すぎます。しかもなかなか手に入りません。
私的に持っているのは初代iPadなので文字もあまりきれいに表示されません。おおきく表示されるのでかろうじて読めます。でも、紙に印刷された活字に比べたら、にじんでいて読みづらい。Kindleは活字そのもので、にじまずくっきりと読めます。コントラストも高いので、目が悪いわたしにもとてもやさしい。初代iPadだと顔のそばにくっつけないとよく読めなかったのに、Kindleだと30センチ離してもちゃんと読めます。
そんなにいいなら買えばいいじゃん! ってじれったくおもうでしょ?
でもねえ、家庭を持っているとそう簡単にはいかない事情というものもあるのです。数日前に高いヘッドホン? イヤホン?を買ってもらったばかりの身の上なので、ちょっちいま、わたしが新しいなにかを買うと家庭争議の元になってしまうのです。それでなくても、わたしはしょっちゅうAmazonでいろいろと買ってしまうので(^^ゞ
いけませんね。
妻失格だということは自覚しています。
それがなにか? (逆ギレしてみる)