Appleからのメール

以前から問題になっていたiPod nano 初号機のバッテリーが燃えてしまう件だけど、わたしのnanoはとてもよい子で、燃えることなくいまでも現役です。ただ持続時間はずいぶんとすくなくなってしまい、3〜4時間くらいでしょうか。製造発売から6年くらいたっていることを考えれば、がんばってるほうじゃないかしら。
数年前にバッテリー問題が起きたとき、取り替えたいひとだけが取り替えていました。当時、わたしもどうしようか迷ったのだけど、わたしのnanoはいい子だったので、彼女を信頼してそのまま使い続けてきました。

きょう、Appleからnanoの交換を勧めるメールが届きました。
iPod nano(1st generation)交換プログラム」のおしらせです。

iPod nanoをお使いのお客様へ

Appleでは、ごく稀にiPod nano(1st generation)のバッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性があることを確認しております。対象となるiPod nanoは2005年9月から2006年12月の間に販売されたものです。

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。
実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

iPod nano(1st generation)をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で無料交換手続きをされることをおすすめいたします。

以前はこんなふうにはいわれなかった。替えたいひとだけ替えれば〜?っていうニュアンスだったけど、今回は「使用を中止し」というさらに積極的に替えさせたい雰囲気が漂っています。年数もたっていることだし、ちょっちマジでやばいのかもしれません?
わたしのnanoは裏面にメッセージを刻印してある世界でたったひとつのものだから、交換をためらっていたのはそのせいです。修理といってもバッテリーだけを取り替えてくれるわけじゃなく、本体丸ごとべつの整備品との交換になるのです。
とりあえず、修理を申し込んでみました。nanoを返送するときに気が変わるかもしれないけど。やっぱりはじめて買ったnanoは、とっても愛着があるんです。