火の七日間

ナウシカの冒頭イントロで流れた、あの巨神兵が産業文明を破壊するシーン。
燃えさかる街の中をおおきな巨神兵たちが手に手に槍のようなものをもって、不気味に進んでいくあのシーンです。
火の七日間は、わたしたちがいま生きているこの時代に起こったできごとだったのです。
西暦2013年。
風の谷の姫さまナウシカの時代は、いまから1000年後だったのですね。


東京に現れた巨神兵は、遠目にはまるでエヴァ初号機みたいです。
あんなのが現れたら、わたしたちにはどうすることもできません。

ナウシカの巨神兵をもう一度見たくて、棚からレーザーディスクを探してきて再生しました。
腐女子っぷりが露呈されて恥ずかしいのですが、わたしはレーザーディスク派だったので、大好きなアニメはほとんどレーザーディスクで集めていました。

今夜、ひさしぶりにナウシカを見ました。

瑠璃も途中までは見ていたんだけど、やっぱりまだむずかしいのかな。政治色が強くなってくると、まだよく興味が持てないようで、部屋に行ってしまいました。確かに、知識がないと楽しめない部分もありますから。