言の葉の庭

日本のアニメ界は、着実に世代交代しているなって漠然とだけどおもう。
それはとても自然で、いいことだとおもう。
いつまでも宮崎駿さんばかりに頼っているわけにいかないから。宮崎駿さんの作品を見て育ってきた世代が、またあたらしい表現力を身につけて、どんどん世の中に出て来てくれます。こうでなくてはいけません。
2012年夏に見た「おおかみこどもの雨と雪」の細田守さんも、そのひとり。

そして「ほしのこえ」(2002)から大ファンになった新海誠さんの2013年最新作が「言の葉の庭」です。

いま、劇場公開中なのかしら。iTunes Storeでも購入可能。

12歳年下の恋人か〜
わたし、いままでに年下の男のコとおつきあいしたことがないから、あんまりよくわかりません。
おじさま好みだったので(^^ゞ
年下ってどうなんでしょう、やっぱりかわいいのかしら。
会社にいる年若い後輩たちを見てても、ばっかじゃーん、とおもうけど、かわいいとはおもえないからなー。わたしにはそういう属性がないのでしょう。

↓星を追う子ども (2011)


秒速5センチメートル (2007)



雲のむこう、約束の場所 (2004)

ほしのこえ から 星を追う子ども までの予告編詰め合わせ

さいきん、年のせいでしょうか、涙もろくなった気がします。予告編を見るだけで泣いてしまいます。