八重の桜 見ました

こんどの大河ドラマ綾瀬はるかさんが主演の「八重の桜」。
冒頭から銃を手にして闘うシーンがカッチョイイですね。映画「ICHI」をご覧になったことがあるかたなら、彼女が闘うときにいかにカッチョイイかようくご存じのはず。
これからの展開がおおいに楽しみです。
ところで、会津磐梯山が写っていましたが、あれは現在の姿でしょう? 1888年の噴火によっていまの形になったといわれています。ですから、このドラマの時代当時はもっとちゃんとした山容だったはず。なぜ考証されなかったのでしょう。なにか深い意味が込められているのかしら。山の形がちがうと、磐梯山はあんな山じゃない!というクレームを恐れてのことかしら、なんて。