渋谷で5時

桃ちゃんかわいい


kotaroさんからご紹介していただいた「渋谷で5時」です。
わたしは毎週土曜日の朝、菊池桃子さんがDJを務める文化放送の「ライオンミュージックサタデー」を聴いていますので、番組中でいままでに何度か耳にしたことがありました。ただ、このミュージックビデオを見たのは初めてです。桃子さんがお若いので、いつごろの曲なのかなとおもったら、1994年?なんですね。当時も聴いたことがあったのかもしれませんが、ぜんぜん憶えていません。当時は由美子せんぱい一途だったので。
あの、このミュージックビデオを見ると、待ち合わせしてるひとたちがだれひとりとして携帯電話を見ていません。いまのように携帯電話が普及する以前の待ち合わせ風景です。なんだかそれがとても新鮮。わたしもそのころ、中学から高校になったころでしたが、まだPHSも持っていませんでした。ポケベルももうちょっとあとになってから、やっと買ってもらえました。当時のわたしはまだ恋人と待ち合わせたりはしませんでしたが、なんだかこのミュージックビデオを見ていると、もうちょっち大人になってからの甘酸っぱい待ち合わせを思い出したりして、こんなふうなデートをしてみたくなっちゃいました。相手が来てくれるかどうかわからない、ドキドキした感じとか。ポケベルで0906とか、1571とか3919とか送り合ってましたね。懐かしいわ。
こんな待ち合わせ、最近はとんとご無沙汰です。ちょっち淋しいかも。
「恋のフライトタイム」はいい歌ですね。YouTubeできょう初めて聴きました。仕事なんかどうでもいいから、ふたりでバカンス行っちゃおうぜ、っていうノリの歌ですね。なんだかいいな。
桃子さんってもっとか細いひとかとおもってましたが、案外グラマーな女性なんですね。意外でした。チャーミングだし、あのボディなら、世の男性諸氏は放っておかなかっただろうなとおもいます。
わたしも、鈴木雅之さんのような男性に誘われたら、ふらふらとついて行ってしまいそうです。

では、桃子さんのそのほかのビデオをご紹介しておきます。すぐに削除されるかもしれないので、早めのダウンロードをおすすめします。



↑アイドルがパンツルックって珍しいのでは?