甦るあの日の恐怖…

夜の7時半すぎ、突然ドン!と一回地面の下から突き上げる衝撃が。
地震? とおもうまもなく、横揺れがおそってきました。
がたがたと揺れる中で、部屋にある不安定なものが、次々と床に落ち始めました。
急に突き上げるような揺れから始まったので、直下型?と不安でいっぱいになりました。食事の支度をしていたので、すぐに火を止めましたが、がたがた揺れながら中身をまき散らしているお鍋とかはどうしようもありません。押さえるわけにもいかないし…
ピアノを弾いていた瑠璃が、わたしにしがみつきます。ああ、このこもやっぱりあの日の恐怖が忘れられないのだわ。おとなのわたしでさえ、びくっとしたのだから。
震源地は茨城県南部。ということは千葉県北西部に隣接しています。震源の深さは70キロメートル、マグニチュードは4.9と推定されるそうです。実感できた震度は3。それほどたくさんのものが落ちることもなかったし、結果的にはオーライだったけど、前触れもなく突然ドン!とくるのは、ほんとうにこわい。遠くの地震なら、カタカタカタとP波が前触れでやってくるので、ほんの気休めだけど心づもりをする時間が持てますが、今回のように震源に近いと、そういうわけにもいきません。