伊豆山神社さん

10月15日で33にあいなりました。
後厄です。
わたしくらいの年齢になると女性はほとんど厄ばかりの年が続き、安らかな年ってないじゃないの!と叫びたいくらい、うっとおしいのがイヤなんですけどねぇ。
迷信といえばそうなんですが、一昨年、去年と厄払いを受けたのがよかったのかどうかわかりませんが、おおきな怪我も病気もせず、おかげさまで家族無事ですごせました。後厄の今年もお正月にお祓いは受けていましたが、誕生日を迎えたことですし、あらためてもう一度お祓いしていただこうと考え、熱海にある伊豆山神社さんを訪ねてきました。こちらは以前から行ってみたかった神社さんです。

まずは手水舎でお清めです。
紅白の竜がお出迎えです。
のちほどわかりましたが、この紅白の竜は伊豆山神社さんのシンボルなのですって。
伊豆山神社さんというのは、歴史好きなかたはご存じだとおもいますが、流人だった源頼朝と、この土地の有力者の娘、北条政子が結ばれた場所。

うっかり下から行くと数百段の石段を登らなくてはなりません。でもご安心ください。自動車で本殿まで登れる道があります。ずるっていえばずるなんですが… でもちゃんと鳥居がありますから心配ご無用です。この立派な鳥居は小泉今日子さんがご寄進なさったそうです。
どうもありがとう、キョンキョン。

境内はとってもすがすがしく、気持ちの良いところです。
神さまのパワーが強いせいか、邪気はまったく感じられません。いつまでもここにいたい、とおもいました。清浄でパワーに溢れたこの場所に、ずっといさせていただき、神さまのお力をいただきたいとおもいました。
本殿に向かい参拝をすませたあと、振り返ると、熱海の海がきらきら光りながら広がっていました。絶景です。しばし見とれてしまいました。

本殿からさらに山に登ると、白山社があります。こちらもパワースポットなのだそうですが、入り口にこのようなおそろしい警告が!
イノシシが出るなんて… さすが伊豆。

境内をよく見ると、こんなメッセージを発見しました。キツツキ、見たかったけど、あいにく当日はいませんでした(;.;)

その後、社務所でお守りをいただきました。
もちろんいろいろなお守りがございましたが、やはりいちばんいいのは「強運のお守り」でしょうか。こちらの神さまのあふれるばかりのパワーをいただくには、イチオシです。