熱き想いのファンだけに

奈保子さんの特選画像なのかな?
うちは客を選ぶよ、みたいな。



音がちいさいのは改善していただけないかしら。
(わたしは熱き想いのファンってほどじゃないから、文句いうだけはいうよ!)
奈保子さんはいま、オーストラリアで暮らしているんだそうですね。いいなー。

いまはネット社会なので、音楽活動に復帰するのも、むかしのような捉えかたをしなくてもよいのじゃないでしょうか?
たとえばテレビ・ラジオや雑誌に露出して、新譜のCDを売り込んでいた昭和とはちがい、いまはインターネット時代でしょう? ほしいデーターはネットからやってきます。奈保子さんだって、オーストラリアの自宅スタジオで制作した曲を、ネットで世界配信できるのだから。
昭和時代は、復帰イコールテレビ出演だったけど、いまはテレビなんてどうでもいいメディアじゃないですか。情報をテレビにしか頼ることができなかった昭和時代とはちがい、テレビが無くてもぜんぜんへいきでしょう? むしろわたしは、テレビよりもラジオにシフトしているからね!

販売チャンネルが、むかしより豊富にあるってこと。
大手レーベルからCDデビューしなくたって、いくらでも道はあるってこと。
純粋にパフォーマンスを世界に向けて発信したいのなら、前途には多様な可能性が広がっています。