20周年記念Nanno Box

2005年に発売されたNanno Boxの復刻版が届きました。
夏休みだったので、宅配便のお兄さんに「はーい」と返事をして応対したのが瑠璃。
おおきな箱を手にとって、宛名ラベルのソニーの文字を読んだらしく、
「ママ、これだれのCD?」
「ナンノさんよ」
「あけてもいい? あけちゃうよ」
というが早いか、瑠璃はべりべりと箱をあけ、中から商品を取り出しました。
「うわー。これ、パパにいってもいい?」
「だめ!」
「…また、ヒミツなの?」
「そ、そうよ」
「ふーん」
「女同士なんだから、いうんじゃないわよ」
(教育上、やっぱりよくないですね、こういうのって…)
そのあと瑠璃といっしょにナンノさんのDVDを見る。グリコのCMとか、JR西日本のCMとかをふたりで見ていたら、瑠璃がしみじみと「ナンノさんってかわいいね」とつぶやきました。
「ママとおなじなまえなんだ」
「そうよ」
「へー」
しみじみとわたしを見て、
「ママは残念なひとだったの」
なにをいうかー この娘は! どこで覚えてくるんだ〜 そういう言葉を…(T_T)
あたしが残念なら、娘のあなたはもっと残念じゃないの、といいかけたけど、ぐっとこらえました。

まあ、そのあと「へんなの!!」のPVを見て、瑠璃はアイドルってたいへんなんだとおもったみたい。あたしもびっくりしました。あの、ナンノさんがここまでやったのかと…

デビュー20周年記念のNanno Boxは、

  • GELATO
  • VIRGINAL
  • BLOOM
  • GARLAND
  • GLOBAL
  • SNOWFLAKES
  • Dear Christmas
  • GAUCHE
  • GATHER
  • 夏のおバカさん

以上のアルバムはわたし、ぜんぶオリジナルを持っているのですが、今回のBOX化によってアルバム内の全曲がデジタルリマスタリングされているので、どんなふうに変わったのか聞き比べるのが楽しみです。
「GELATO」が発売された1986年当時は、CDが世の中に出てまだ2年くらいしかたっていなかったころで、レコード製作のエンジニアさんたちも、どうやってデジタルに対応したらいいのか右往左往? 試行錯誤? していた時代だったそうですね。だから、最新のデジタル技術を手に入れた現代のエンジニアさんが、どのような音を紡ぎ出してくださっているのか興味があります。
その片鱗は2011年に発売された「Refined」でじゅうぶんに伝わっていました。1987年当時の録音は、ドア越しに聴く感じでしたが、2011年版はドアを開けて間近で聴いている! 耳のそばで歌ってもらっている感じがします。ですから、2005年に発売されたこのNanno Boxも期待できるんですよね。…まだもったいなくて、すべてのCDを再生できません(;.;)
そのほかシングルカットされた曲やカップリング曲なども、たぶん洩れなく網羅されているとおもわれます。とくにDisc11のカップリング曲を集めた盤に収録されている「金星伝説」「ヒロインの伝説」「夜の東側」「ガラスの海で」「ガールフレンドPart2」などは、はじめて聴くものばかりでした。

ReFined-Songs Collection~NANNO 25th Anniversary

ReFined-Songs Collection~NANNO 25th Anniversary

南野陽子 ナンノ・ボックス(DVD付)

南野陽子 ナンノ・ボックス(DVD付)


↑これ この中でガテン系のナンノさんを見て、わたしと瑠璃は「アイドルって…」と肩を落としたの。
はじめて「GATHER」の中の「へんなの!!」を聴いたときに感じた違和感。なんだか、ナンノさんがムリしているみたいな気がしました。