■きょう見たDVD

世界の中心で愛を叫ぶ(映画版)

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]

いまさらというか、いまごろになってやっと見たよ。テレビドラマ版は放送当時にしっかり見ていたんだけど、映画のほうはいままでノータッチでした。というのも、最初にドラマで見た綾瀬はるかさんの印象が強くて、広瀬亜紀はこの人がぴったりだと思っていたから。ちがう人が演じる亜紀を見たくなかったからです。映画版の広瀬亜紀は長澤まさみさん。高校生時代の舞台は四国だし…(テレビドラマ版は伊豆の松崎だったでしょ) なんかちょっちイメージがちがうの。映画は2時間弱だけど、ドラマは十何時間かけられるから、単純に比較はできないけど…

もしも高校生のころに、大好きな人が死んでしまうという経験を持ったとしたら、その後の人生はどうなるんだろう。わからないけど、たぶん一生その人のことを忘れられずに生きていくのかもしれません。

せつないのは、いまなら亜紀ちゃんの白血病は治る病だってことです。いまなら骨髄バンクがあるから、決して不治の病じゃないのです。