博士の愛した数式

今回見たDVDは寺尾聰さんの「博士の愛した数式」です。
寺尾聰さん演じる数学者は、将来を嘱望されていた有能な学者だったのだけど、交通事故で頭部に損傷を負い、事故以後の記憶は80分間しか覚えていられなくなってしまいました。事故以前の古い記憶は覚えているんです。ただ、事故に遭ってからは、記憶容量は80分しかないんです。
お金をかけた特撮映画に比べたら、この作品は淡々としていて、スペクタクルなシーンもないけど、見終えたあとにすごく納得できる、ああいい映画を見たなと思える。
吉岡秀隆さんが先生の役を演じてるのですが、彼がすごくいい感じ。もしわたしが高校生だったら、こういう先生に教わりたい!と思いました。わたしは数学がだめだめで、ほんとに赤点とか取っていたくらい数学が苦手だったけど、もし吉岡先生に出会っていたらきっと数学にも興味が持てたかもしれません。
友愛数なんて、数の神秘。
虚数も、こんなふうに教わっていたら、もっと勉強したくなったかもしれません。
小諸あたりの春の風景がとてもきれい。