太陽の季節

Gyaoの昭和TVで「太陽の季節」を見ました。
このまえお亡くなりになった南田洋子さんがお若いときの作品です。とってもおきれい。
みんなヨットに乗って遊んでいるから、上流階級のお話なんだと思う。昭和30年代ですからね。ふつうの人がマイカーを持つよりもたいへんだったはず。もしかすると、バブルの時代ってこんな感じだったのかしら。
それにしても、むかしの映画はなぜ早口? 集中してないとまったく聞き取れません。むかしの人が全員早口だったわけじゃないでしょう? だけど、むかしの人はこういう映画を見て、しっかり聞き取れていたんでしょう?

↑都知事、細い〜