腐女子

えーと… ATOKで「ふじょし」を変換すると問題なく「腐女子」になるのが、なにげにすごいかも…
それだけ市民権を得たことばなのかな?
腐女子を扱った本の嚆矢はやっぱりぺんたぶさんのブログが元になった「腐女子彼女」かしら? ぺんたぶさんがつきあい始めた彼女が、いわゆる「腐女子」だったことをすらすらと読める楽しい筆致で書かれた本です。
この本を読むとわたしは頭をかきむしりたくなります。ここまでじゃないと本人は思っているけど、まわりから見たら同じなのかしら!? わたしはガンダムには反応しないけど、エヴァにはするどく反応するし… それは関係ない人から見たら同じものかしらって。

腐女子取扱説明書

腐女子取扱説明書

腐女子取扱説明書コミック

腐女子取扱説明書コミック

腐女子彼女。

腐女子彼女。

腐女子彼女。パート2

腐女子彼女。パート2