三次ベッケンビール

今回こだれでらさんが紹介してくださった三次ベッケンビールは、残念なことに先月で生産中止になってしまったそうです。
「三次ベッケンビール」?
どこかで見たことがあると思ったら、「もやしもん」第8巻のオクトーバーフェストにもしっかりと参加なさっていました!
わたし的には「世界妖怪会議in三次」で作られた限定ビールに興味津々。

ミクシィとかで生産復帰を願う署名活動がおこなわれているようですが、わたしたちが常日頃から飲んであげることがいちばんだと思うんです。企業なわけだから、利益が出なければやっていけないわけでしょう? 地ビールはまず地元の人が愛飲してあげなくちゃいけません。だけどわたしたちは、第3のビールなどという、安いだけのビールもどきを買ってしまうじゃありませんか。それじゃ地ビールメーカーはたまりませんよねぇ。
それから地ビールは、販路をもっと普遍化する努力も必要です。コンビニで気軽に買えるようにならないと、正直どこで買えばいいのかわかりません。たしかに消費者の怠慢なのかもしれませんが、もっと身近な存在になってくれればいいなと思います。地ビールの生産量が大手に比べてすくないから、大規模流通に乗らないのは無理もありませんけど。そのへんがうまくすりあわせできていけば、いいのにって思うんです。たとえばわたしの好きな銀河高原ビールも、コンビニで見かけることはほとんどないといっていいでしょう。大手スーパーでたまに売っているのを見るくらいです。うちの近所だとダイエーには置いてあるけど、イトーヨーカドーには置いてなかったりします。あとは飲食店で地ビールを置いてあるお店がもっと増えるといいのですが。
旅先で特徴のある地ビールが飲めるのは楽しみなので、いろいろときびしい昨今ですけど、なんとかがんばってこれからもおいしいビールを造っていってほしいと思います。大手に負けるな! 三次ベッケンビール立ち直って!