村本氏のツイッター炎上

  • 村本は12日に自身のツイッターで12日に「福島の浪江町で21時以降の遅くまで空いてる飲み屋さんありますか?あと宿も。知ってる方いたらインスタのDMください。自分の町がなくなることへの話が聞きたい」とツイート。Yahoo!ニュース、スポーツ報知より)

村本氏はこれまでにも度々炎上騒ぎを起こしていました。
芸能活動をなさっているかたは、安易にSNSで発言しない方がいいとおもいます。SNSの発言には所属事務所やマネージャーなどのチェックがかかりませんからね。みんなそれで失敗しているわけです。フォロワーが何十万人もいると、発言に対する反響は無視できない大きさになります。

知識が無いことは恥ずかしいことだとおもいます。
習っていませーん、教わっていませーん、というのが許されるのは小学生まで。
あとはじぶんで勉強しなくては。人に教わるのではなく、みずからが知識を深める努力をすることが求められます。

宅配便の配達方法に要望です

うちでもよく通販を利用します。
購入した商品は、配達してもらうのですが、なんらかの事情があって応対できなかった場合、持ち帰られてしまいます。
時間指定で配達してもらうようにしていますが、時間指定にも幅があるじゃないですか。何時から何時まで、だいたい2時間くらい、午前中指定ですと8時から12時まで4時間も幅があります。確かにその時間帯には家におりますが、やむを得ない事情でピンポンというチャイムに気がつかなかったり、出るにでれないことだってあるじゃないですか。ずうっと玄関の前に正座して待っているわけにはいきません。掃除機をかけていたり、お洗濯中だったり、トイレタイムだったり。お風呂に入っているひとだっているかもしれないでしょう? 夜勤明けのひととか。
だから、すべて対面授受でなくてもいいとおもうのです。受取人があらかじめ許可していたら、玄関のドアの前に置いていくとかぜんぜん構いません。むしろ、再配達してもらうほうが恐縮ですし、また待っていないとならないのがたいへんです。だったら、最初の配達のときに、出ていけなくても、ドアの前に置いていってもらったほうがずっといい。
そういう配達の方法を指定することはできないのでしょうか。
いつまでも、面と向かって受け取り、はんこを押すというのは、もうそろそろやめにしませんか?
昭和の時代ですよね?
これだけ通販が発達しているのに、どうして最後の受け取りはひと対ひとが、いまだに残っているの?
宅配ボックスとか、コンビニ受け取りとか、そういうのもあることは知っていますが、ごくふつうの家庭で通販を受け取るとき、自宅にいてはんこを押さないといけないじゃないですか。いまははんこではなく機械にサインする場合もありますが、それだって受取人の確認をしているわけでしょう? そういうふうに、いちいち受取人に出てきてもらい、はんこをもらって配達完了というのでは、時間ばかりかかって効率が悪いとおもいます。
通販大国日本なのですから、なにかもっとこうスマートな配達方法があってしかるべきだとおもいませんか?

16歳のレトリバーを蹴る女性

しつけだったと主張!

野田の小学生が亡くなった事件も、父親はしつけだったと主張しています。
しつけなら、暴力を奮っても許されるのでしょうか。
しつけなら、なにをしてもいいのでしょうか。

しつけなら、手を上げてもいいという主張がなされるようになったのは、どういう事件がきっかけでしょうか。
おそらく、過去に、DVでお子さんを死なせてしまった親が、あれはしつけだったと主張したため、刑が軽減された事例があったとおもわれます。
だから、みんな口をそろえて「しつけだ」というのでしょう。
たぶん「しつけ」なら許された事例が、過去にあったのでしょう。
でもいまじゃ「しつけ」だからといって暴力が許される風潮ではありません。

この、年老いたレトリバーが散歩中に、なにもしていないのに蹴り上げられる動画を見ました。
百歩ゆずってこれがしつけなら、このレトリバーはどんな悪いことをしたの?
子犬ならまだしも、16歳の老犬ですよ? いまさらなにをしつけることがあるの?
しつけ、といえば暴力もなにも許容されるとおもっているその根拠はなに?

わたしたちはあんたをしつけるよ。
老犬を蹴り上げるあんたをしつけるよ。
どんなことをされてもがまんしなよ。しつけなんだから。

そういうことでしょう?

さいわい、あの老犬レトリバーは、保護団体のひとに救われました。
おとなしそうで、ひとなつこい、やさしいレトリバーです。
保護されてほんとうに良かった。


犬蹴り上げ動画”広がる波紋 飼い主は「しつけ」主張

「2019年」最新

大分空港のソラシド エアで、乗客がCAさんの背中を叩いた

大分空港発羽田行きのソラシド エアで、搭乗中の男性客がCAさんの背中を叩き、警察を呼ばれ、出発が40分も遅れたそうです。
この男性客は、搭乗中に、通路にいたCAさんがじゃまだったため、背中を叩いたのだと想像できます。
ソラシドもLCCだから、機材はたぶんA320じゃないでしょうか。
だとすると、左右三席、中央に通路という構成です。
わたくしがジェットスターに搭乗するとき、確かに通路にCAさんが点在していて、正直申し上げてじゃまだとおもったことがございます。A320の狭い中央通路にCAさんが数名立っていらっしゃいます。それはお客様へのご案内のためです。わたくしはだいたい、最初に乗り込めるグループなので、ほとんど乗客のいない状態で搭乗するので、通路をどんどん奥に進んで行きます。途中で遭遇するCAさんは、たいてい脇のシートによけてくださります。CAさんは業務上、そこにいらっしゃるので、あえて「ちょっとじゃまよ!どきなさいよ!」などと怒鳴ったりはしません。また、通路上で荷物を上の収納スペースに入れようとして流れを止めている乗客に対しても、蹴りを入れたりはしません。ほんとうはしたいけれど。大人だからがまん。あまりにも長時間、流れをストップしている乗客に対してはCAさんがやんわりと注意してくださりますが。CAさんにしても、時間までに搭乗を終えないといけないので、見過ごすわけにはいかないのでしょうが。
想像ですが、この事件の乗客は、通路を歩いていたらほかの乗客でごった返していた状況で、CAさんがよけるによけられずちょっち渋滞していたとき、がまんできずに叩いてしまったのでしょうね。CAさんを叩くというのは自分が客だという意識が働いていたとおもわれます。つまり客だからなにをしても許されるだろうという認識です。お客様は神様です、という昭和の思想をいまだに引きずっているわけです。
いまでは、世界中の共通認識として、お客と商売人の立場は同等です。お客だからえらいわけではありません。
それがわからないから、異常なクレームをつけて、相手を土下座させたりするのでしょう。
あなたはいまお客かもしれませんが、立場を変えれば、あなたがクレームをつけられかもしれないのですよ。
中島みゆきさんの古い歌に「狼になりたい」というのがありました。
夜更けの吉野家に入ったひとが店員さんから「いらっしゃいませ」といわれたけれど、お互い様かもしれないよね。昼間会ったらこっちが「いらっしゃいませ」といってるかもしれないよね。というような内容だったとおもいます。この世は、王さまでもない限り、働く人たちはみんないっしょ。お金を払うから、客だから偉いなんてことはありません。立場が違えば、じぶんだってお金を払ってもらって「ありがとうございました」と頭を下げなければならないはずだから。そうでしょう? ほんの一瞬、お金を払うから偉くなったような気になってはいけません。王さまではない限り、あなただってぺこぺこする瞬間はあるはずなのだから。勘違いしているひとがほんとうに多すぎる。
だからとって、サービスを提供する側は、客は対等なのだから威張ってもいいというわけじゃありませんからね。誤解しないでください。
サービスを提供する側はそれなりの対価をいただいているのだから、横柄な対応をしていいわけではありません。
ほんとうに、その点だけは誤解してほしくありません。
お客さんとは対等ではあるけれど、サービスはサービスとして提供しなければなりません。それ相応の対価をいただいているわけですから。
そしてお客も過剰なサービスを求めたりしてはいけません。ましてやじぶんが王さまになったような気分で、威張り散らしてはいけません。
そういうことです。
お互いに同じ立場だとおもえば、もっと角が立たない世の中になるのに。

最近、うげっとしたのは「くら寿司」の事件です。
調理担当のアルバイトが、魚の切り身をゴミ箱に投げ捨てて、それをまた回収した動画をアップした事件。
あの動画を見る限り、お客さんに提供するはずの魚の切り身を、ゴミ箱に投げ捨てていましたね。それをまたゴミ箱から拾い上げた、ということはまずまちがいなく、あの切り身はお客さんに提供されていたはずです。20センチくらいある立派な切り身です。捨てるはずのない切り身です。ぜったいそのままお寿司にして出していますね。
会社の聞き取りでは、お客さんに出すことはせず廃棄したということですが、まずウソでしょう。これはきっとくら寿司(会社側)も、ゴミ箱に入れた魚を提供したとなると大事だから、廃棄したんだな?と強く念を押したのでしょう。それでアルバイトが「はい、捨てました」と言った言葉を信用したという形でしょう。ぜったい廃棄してるわけありません。あのままのノリで回転レーンに乗せているはずです。廃棄したかどうかなんて、どうやって証明できますか? 当人が廃棄したと言ったので廃棄したと確認しました、ということでしょう?

くら寿司はたまに行きますけれど、もう二度と行きません。

アルバイトがお寿司の調理をしていることも、今回初めて知りました。回転寿司はどこも似たり寄ったりなのでしょうか。
無添くら寿司というキャッチフレーズですが、ゴミ箱のばい菌だらけのネタを出すくら寿司… おぞましすぎます。

外食産業は、従業員を採用するときにきびしく選択してほしい。
人手不足だからだれでも即採用するのではなくて、きびしく見極めて欲しいです。
それから、せめて正社員をひとりだけでも配置しておいて欲しい。
アルバイトだけの職場になるから、こういうおかしなことをする人が出てくるのです。
朝のチーフ、夜のチーフをなんとか配置できればいいのですが。正社員を置けないからアルバイトだけになるのでしょうね。
ですから、解決策は、高給で正社員を雇うしかありません。
こういう事件が起きて莫大な損害を被ることを考えたら、日頃から高給で正社員を雇っておけば、なんとか防げるのではないかしら。
仕事を遊びの延長と思っているアルバイトよりは、よっぽどしっかり働いてくれるはずですし、アルバイトににらみをきかせてくれることを期待できます。

くら寿司かっぱ寿司、はま寿司というふうに店舗が並んでいたら、わたくしははま寿司に行きます。
くら寿司全店お詫びセールで、全皿半額!とか打ち出さないと、お客さんは離れていってしまうでしょう。

それだけの損害を受けたのですから、会社はきっちりと損害賠償請求するべきです。
それをしないから、このような事件が後を絶たないのです。

【くら寿司】ゴミ箱に捨てた魚をひろって調理するクズ店員【大炎上】

葛飾区の大学生が、茨城県に埋められていた(つまりは殺されたから)事件。
去年(2018年)の11月から行方不明になっていた大学生が、茨城県の土の中から発見されました。
最悪の事態です。

謎の多い事件です。
どうして彼女ははるばると遠い茨城県まで行ったのでしょう。
綾瀬から常磐線で成田まで行き、乗り換えて鹿島まで行ったようです。すごい行動力です。
わたくしは松戸ですけど、いまから鹿島まで行けと言われても、断固拒否します。
しかも彼女が乗ったのが午後遅くで、鹿島に着いたときは真っ暗になっていたはず。
なんのために、行ったのでしょうか。
最初の報道だと、オンラインゲームで知り合ったと言っていましたね。最近の報道では
掲示板で知り合ったくらいにトーンダウンしています。SNSで知り合ったとも言われています。
どういうSNSなのかは、秘密なのですね。
オンラインゲームで知り合った、話が合う人だったので会いに行った!
わたくしも彼女とほぼ同じ年頃にオンラインゲームを始めました。それ以前に、インターネットを
始めました。二十歳のころです。インターネットが生まれたころ、インターネットに夢中に
なりました。学校にも行かず、昼間起きて、夜中までずっとチャットしていました。
だから、わたくしはいまの若い人を叱れないの。同じ事をしてきたから。
チャットで知り合った人と仲良くなって、会おうよという話もたくさんありました。
当時のわたくしのハンドルネームはYoでした。なつかしいなー。
陽子だからYoって名乗っていました。
Yoちゃん会おうよ、というお誘いがいつもありました。でも、行かなかった。
防衛本能? いえいえ、会ってがっかりされるのがイヤだったから。
チャットは楽しかったな。いまはそういうの、ありませんよね。どこかに残っているのかしら。
世界中の人とお話できましたからね。まあ英語が通じればでしたけども。

そうそう。
葛飾区の大学生が茨城で殺されてしまった事件。
わたくしが想像すると、会いに行った相手があまりにもアレだったため、ドン引きした大学生。
ムリもありません。大人でもムリです。
それで帰る、と思ったけれど、地方のことなので、もう終電がない。東京に帰るに帰れない。
心細くなって彼女は泣いてしまう。
せっかくこんなに遠いところまで来たのに、相手はキモいオタク野郎だったの… おうちに帰りたいけど
もう電車もないの。どうしたらいいの?
というところに、犯人がやさしいことばをかけるわけ。
「あのさ、なんにもしないから、うちに泊っていく?」
こんなことばが嘘八百なのは大人ならわかるけど、彼女はまだ18歳。まんまとだまされて、車に乗せられ
人気の無いところで襲いかかられ、抵抗して叫んだら、殺されてしまったのでしょう。

それくらいで殺す?
人の命をなんだとおもっているの!

まだ18歳のおんなのこですよ。
将来もある、夢もある、犯人なんかよりよっぽどすてきな人生が待っていたはずのおんなのこを、自分の欲望が
満たされなかったからといって殺していいわけですか?
人間をひとり殺そうとしたら、銃やナイフがない限り、かなりたいへんだとおもいます。
人はそんなに簡単には死なないし。相手が死ぬ前にこちらの気持ちが萎えてしまうとおもう、普通なら。

うちの瑠璃も、そろそろ独立したいといい始める時期で、でもわたくしたちは反対なわけで。
こういう事件があると、どこまで信じていいのか正直わかりません。
同居人と瑠璃が話し合っていたわ。
たとえ、セキュリティが万全のマンションに住まわせていても、こんなふうに出かけて行ってしまったら
打つ手がないじゃないですか。
ほんとうに、この被害者のおんなのこは、いったいどうして相手の家まで会いに行ってしまったのでしょう。

千葉県野田市で小学校4年生の女の子が、実の父親の暴力で殺されてしまったという事件。
こういう事件はほんとうに胸が痛む。
特に、自分の娘をDVで殺してしまったということがゆるせません。
こどもにとって、親は絶対です。すがれるのは親しかいないんです。母親はなにしていたの!
どうして娘を守ってあげられなかったの?
そして、こういうときにこそ助けにいくべき行政が、威圧されたから逃げ帰ったですって。
なんのためにあるのやら。
弱い者を守れなくて、どうする。
何年も前から、弱い立場のこどもたちが、おとなの暴力で殺されている事件、思い出すでしょう?
しかもほとんどが、実の親の暴力です。
じぶんの親にぶたれて、殴られて、蹴られて… それでもちいさい子は親に頼るしかないんですよ。
親に嫌われたくないんです。
ほんとうに。
かわいそうすぎます。親にぶたれて、痛くて寒い思いをしながら、死んでしまったなんて…
栗原心愛(みあ)ちゃんというのね。生まれたときは、かわいいとおもってこういうなまえを
つけてあげたのでしょうね。いつから鬼に変わってしまったのでしょうか。
報道を見ると、二年前からDVが始まっていたようです。8歳なんて、かわいい盛りじゃないですか。
どこでスイッチが変わってしまったのでしょう。

小4 ついに文部科学大臣に電話

それからこの映画を見て欲しい。
愛を乞うひと
 原作:下田治美
 監督:平山秀幸

 幼児のころから実の母親に虐待されながら育ったひとりの女性が、自分も娘を持つ身になったいま、やさしかった父親の遺骨を求める姿を通しながら、親子の愛、家族の絆ってなんだろうと、深く考えさせられる内容です。
 暴力的なかつての母親と、対照的に静かな母親になった娘を演じ分けた原田美枝子さん。昭和30年代、なんでもないことで逆上して娘に手をあげる母親、そして泣きながら謝り続ける少女。見ているだけで哀しくなります。愛し方を知らないこの母親がいちばん愛に飢えていたのです。殴られる娘はたまったものじゃないけれど、それでも娘である以上、心のどこかで母親を慕う気持ちを持っていました。たった一度だけ褒められたときに見せた笑顔がせつなかったです。
 最後に母親に決別したとき、こんどは二度と振り向きませんでした。だけどそのあと止まらなかった涙は、いままで憎み続けてきた母親をようやく許すことができたからだったのでしょうか。父の遺骨を求める旅を続けながら、同時に恐怖の対象であった母親の人生と無意識のうちに向き合おうとしていたヒロイン。あのときの母親の気持ちを、旅を続けるうちに理解できた…そんな単純なものではないでしょうね。それほど簡単にわりきれるほど、彼女は平凡な幼少期を送ってきたわけじゃありません。こればかりはもう、わたしなんかには想像もつかないです。
 なんか、うまく感想いえません。
 ただ、見ていて涙が止まりませんでした。

原田美枝子さんが出ていらっしゃるほうの映画です。1998年。